所沢市注文住宅【スキップフロアのある家】竣工|工務店レポート17

代表の鈴木です。

本日は、所沢市小手指台で建築した注文住宅【スキップフロアのある家】の完成レポートです。

7月竣工が2件目の所沢市の物件ですが、こちらの物件も道路より土地が2m以上高い敷地条件だったので、1階部分はRC造として玄関と階段を計画し、2階部分(申請上1階)にLDK、その上の階に居室と水回りを計画した3層の建物、施工面積115㎡でまとめました。

スキップフロアのある家

RC造の玄関ホールの上のゾーンに、書斎コーナーと上階に上がる階段室を計画し、そこをスキップフロアで計画。

所沢市注文住宅:KN邸のスキップフロア画像

スキップフロア

 

隣接するLDKはフラットな床面なので、スキップフロアのネガティブな部分は感じないように設計できました。

LDKの壁は、お施主様がご入居後にご自身でペンキを塗るということで、こちらでは塗装用の壁紙(オガファーザー)を施工させていただきました。
あとは養生さえきちんとしていただければ、ローラーですいすい塗れます。

 

書斎コーナーには弊社得意の造作家具

 

書斎コーナーの床には畳を計画、また弊社得意の造作家具でカウンター机と本棚を設置しました。

 

所沢市注文住宅:KN邸の書斎コーナー画像

書斎コーナーに計画した造作家具

 

ナチュラルテイストがお好みのお施主様は、LDKの床材に樺桜(かばさくら)の無垢板を選択。

全体的にこのテイストに合わせてインテリアの配色コーディネートをしました。

 

濃紺鏡面扉のシステムキッチンもナチュラルテイストに合う配色で、お施主様のセンスの良さを感じさせます。

 

所沢市注文住宅:KN邸のシステムキッチン画像

濃紺鏡面扉のシステムキッチン

 

構造計算で耐震等級3を実現

こちらの建物はSE構法ではない、【RC造+在来軸組工法】ですが、構造計算(許容応力度計算)を実施し【耐震等級3、耐風性能2】を実現させています。

また、気密測定ではC値0.75を記録。

RC+木造の混構造で、床断熱仕様の建物としてはなかなかの数値だと思います。

当社最低限の目標値であるC値1.0以下はなんとかキープできてホッとしています。

 

 

それではまた。

★こちらの記事もおすすめです

→【日本一わかりやすい「SE構法」の解説

2019.08.01

アーキ・モーダ公式HP

埼玉県和光市新倉1-11-29 志幸20ビル 101号
株式会社アーキ・モーダ
TEL        048-450-3810
Mail        mail@archimoda.co.jp