住まいのメンテナンスについて考える
東京と埼玉でSE構法+省エネ住宅を建てるアーキ・モーダ

車と家を比較させてみると

例えば100万円台の国産車も1000万円を超えるような高級車も人を乗せて安全に走るという車に求められる最低限の行為についてはどちらも遜色ない。
1000万円を超える高級車が100万円台の国産車より、その価格差に見合った距離を走れるわけでもないし、価格差の見合った耐久性があるわけでもない。
1000万円出したからメンテナンスフリーになるわけでもない。しかしながら1000万円の高級車を手に入れたオーナーは週末にせっせとボディーを磨き定期的にメーカー指定の高額なオイル交換を行い、ちょっと調子が悪いところがあれば正規ディーラーで点検、修理を行う。
そう購入した後もきちんとメンテナンスを行うのだ。
おそらくその車はいつまでも長く大切に乗っていきたいと思わせる価値をオーナーに感じさせているのだろう。
単にお金に余裕があるから・・・という理由だけでは説明つかない感覚だと思う。

では家(住まい)はどうであろうか?

家は大抵の車よりは価格は高く、一棟数千万円はする。しかも35年ローンを組むケースも多く必然的に車より何倍も長い付き合いになるはずだ。けれども高級車を手に入れたオーナーのように家のメンテナンスに手間とお金をかける人は極めて少ない。
なぜだろうか!?

家のメンテナンスが疎かになる理由

1・メンテナンス周期やメンテナンス方法が法的に確立されていないため、家の所有者にその判断が委ねられていて実際にどうしていいのかわからない。
2・メンテナンスにて維持する価値を正当に評価する基準、仕組みがない。
3・家そのものに手間とお金をかけて長く維持していこうという魅力を感じない。

上記1・2については、法制度や国の政策にも絡んでくる内容なので、ここでは3の「家そのものに手間とお金をかけて長く維持していこうという魅力がない」という点について考えてみたいと思う。

日本人の気質と工業製品化

注文住宅という手法で家を建てた人ならば、少なからず自分の想い通りの家ができたはずだし魅力や愛着だって持てるはずだ。なのに家に魅力が続かないのは何故なのか。この点については住宅の供給側と建て主側の双方にその理由が起因しているように感じている。
例えば日本人の気質について考えてみると、日本人は家に対するメンテナンスを極端に嫌う傾向にある。そうなると住宅の供給側も自然素材よりも、工業製品を多く供給するようになる。また日本人は家を商品と見る傾向にもあり、商品であれば少しでも安くという消費者感情に合わせた家づくりが行われ、そうなるとやはり自然素材よりも大量生産が効く工業製品が選択される。
また、昔から住宅産業はクレーム産業と比喩されている産業が故に、住宅供給側は極力クレームが発生しないような家づくりを進める傾向にあり、そうなるとやはり工業製品を選択するようになる。
このように、日本人の気質と作り手の都合で住宅パーツは急速に「工業製品化」が広まっていった現状がある。代表的な例であげれば、床材や建具、窓枠材や造作材など目に見える物、手に触れる物全てが工業製品化され、業界では「新建材」と称されて、現在の家づくりには必要不可欠な存在となっている。新建材とは、中身が木のチップを固めて成形したものや合板を基材に、本物そっくりの紙やシートを貼って仕上げている製品で、仕上げだけでなく、寸法や加工も工場でプレカットされ、現場では説明書通りに組み立てれば、短時間で同一品質の様々な住宅パーツが完成するような建材である。

工業製品=新建材とメンテナンスの関係

新建材は時間の経過とともに表面に貼ってある紙やシートが剥がれたり劣化したりする。自然素材ならば、削ったり色を塗り重ねたり出来るが、新建材ではそうもいかない。そう、新建材と呼ばれる工業製品の最大の欠点はメンテナンスが出来ない点にある。使い捨て、或いは交換が前提となっているが、さらに厄介なことに、新建材=商品である為、数年で新商品、廃盤を繰り返す。そうなればいざ交換したい時期がきた時には、同じ物を手に入れることが現実叶わない状況になっている。

新建材に魅力は伴うのか!?

すべてのものに永遠の美が伴わないことは誰でも理解できる。ただ経年変化による変質に愛着が感じられるかそうでないかで魅力が伴うのかどうかが決まってくると思う。目に見える物や手に触れる物がメンテナンスできない、ただただ劣化と付き合っていくような工業製品である新建材は魅力的な物にはなり得ないと思う。

自然素材の魅力とは

自然素材の魅力は、長く使っていくのに必要な要素を兼ね備えている点にあると思う。長く使っていくためにはメンテナンスが必要であり、時に補修や交換が必要になってくるが、その全てを自然素材は叶えてくれる。
手を加えて維持していく行為に愛着が生まれ長く大切に使っていきたいという家そのものに魅力が生まれてくる。また自然素材には工業製品である新建材には絶対に無い不思議な魅力も持っている。「温かみ」と「香り」である。
例えば足が直接触れる床材で比較すると、新建材の床材よりも無垢の床材の方が確実に温かく感じる。そして本物だけが持っている香りについては説明するまでも無いであろう。

魅力的な家(住まい)とは

魅力的な家とは、目に見える物、手に触れる物に自然素材が使われているかどうかが重要なファクターだと思う。家づくりにおいて自然素材とは、よく「健康」の代名詞として取り上げられているが、家のメンテナンス性においても非常に有効な選択だとご理解いただけたでしょうか。
家をメンテナンスしながら長く大切に維持していこうと感じさせることが重要で、そこに住まう人がメンテナンスにも興味を持ち、建てた後も愛情、愛着を持ち続けられるような魅力的な家(住まい)を住宅供給者側も積極的に提供していくべきだと思う。
日本には魅力的な自然素材がたくさんあるのだから。